Google
キーワード例   地震保険  耐震診断  災害保険  保存食  

予知色々

能登半島地震など地震が起こると注目されるのは地震の予知ではないかと思います。
地震予知を何年も前から試みてきてはいたが、現在でも地震の発生を事前に正確に予知することは困難とされているようでうす。
地震学者は地殻や断層のひずみの量、方向などを検証して、蓄積されているであろうエネルギーから各断層についてデータを集積して、
切迫度や規模などを観測しているようです。特定の断層にたまったエネルギーの量がいつ地震を起こすかを判定することは容易ではないが、
断層が活動した際の脅威度や被害などはある程度は分かるようです。
ですが、日本以外では地震予知に成功した例もあるようであるが、確実ではないというのが一般的であるようです。
また、色々な地震予知の研究もされており、電磁波による研究、地震前のナマズが暴れる、地震雲などが上げられるが
この地震雲については、雲の形と地震発生との関係がまったく不明であり、雲の発生メカニズムは気象状況によっての証明もできるようである。
今回の能登半島地震の時に地震雲を見たなどと言われていたり、魚が暴れたなどということも言われているようですが、
はっきりとした検証もされておらず、未知もままでもあるようです。
何かと忘れがちな人間ではあるが、個人でも地震対策をしておいたほうがよいであろう。